いま、すべきことは何か?

「課題先進国」日本が直面するのは、人類がまだ経験したことのない世界。

世界に先駆けて、
社会課題の解決を「本気」で目指す、野村のアクセラレータープログラム。

未知なる世界へ、ともに船出しよう。

ニュースNEWS

野村アクセラレータープログラム「VOYAGER(ボイジャー)」の情報を随時更新いたします。
更新情報をメールにてご案内しています。ご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。

※メールアドレスのみのご登録です。

特徴FEATURES

社会課題を解決する5つのテーマ

野村グループ・野村総合研究所・野村不動産グループから、「本気」で解決したい社会課題を

想定して募集テーマを掲げ、共感いただけるベンチャー企業の方々と新事業開発を目指します。

現場のエース人材が専任でフルサポート

各社から、ビジネスの最前線で活躍するエース人材が専任サポーターとしてプログラムに参加し、

新事業開発をフルサポートします。

野村の豊富なアセットとネットワークを共有

各社の多彩なアセットを共有し、豊富なネットワークを活かして、投資家、弁護士等、

必要となる各種専門家へのアプローチを支援します。 

事業提携・出資の検討

プログラムを通じ、参加企業との事業提携・出資を検討いたします。

なお、出資を受け入れる義務はありません。また、出資を確約するものでもありません。

オフィススペースのご提供

プログラム参加者は、イベント&コミュニティスペース「dots.」の一部を、無料でご利用いただくことが可能です。

テクノロジストを中心とした約5万6千人を誇る会員が利用する空間を提供することによりチームアップをサポートします。 

 

 

住所:東京都渋谷区宇田川町20-17NMF渋谷公園通りビル 8F
URL:https://eventdots.jp/space

テーマTHEME

 

社会課題を解決する5つのテーマ

野村グループから3テーマ、野村総合研究所・野村不動産グループから1テーマずつ、

計5つの募集テーマを掲げています。

以下のテーマに共感いただけるベンチャー企業の皆様、是非ご応募下さい。

野村グループ

テーマ1金融の枠にとらわれない、シニアの方々の心を豊かにするサービスづくり

 

核家族化や高齢化が進展した現在、シニアの方々が求めているものは数多くあるはずです。我々は、金融・非金融にかかわらず、全国のセールスパーソンがこうした世代の方々の心を豊かにできるようなサービスを提供していきたいと考えています。

専任サポーター紹介

野村證券(株)
営業企画部営業企画課

東原 正裕

野村證券営業部門のサービスの充実と業容の拡大を図るため、営業部門の戦略の企画・策定や各部署間の調整や新しい戦略などの営業現場への周知を行っています。

テーマ2テクノロジーの力による金融情報の信頼性向上

 

有価証券等に係るグローバルな金融情報は、金融機関の業務運営の中枢をなすものです。AIやブロックチェーン等の最新テクノロジーを駆使し、金融情報の網羅的な取得、クレンジング、追加調査等を行い、付加価値のあるクオリティの高い金融情報を提供します。これにより、金融業界全体の無駄・コストを劇的に削減したいと考えています。

専任サポーター紹介

野村證券(株) 
決済部

根本 真言

国内外の清算機関、決済機関、現地保管銀行、ノストロ銀行などの外部機関との決済業務を行っています。また、配当金や利金などの代理受領、お客様への支払い、源泉徴収事務などのコーポレートアクション業務を行っています。

テーマ3多様なライフスタイルにおける新たな資産の持ち方・贈り方・遺し方の提案

 

少子高齢化、晩婚化、未婚化社会が著しく進展し、個人の生活スタイル・価値観も複雑化しています。これらの環境変化は、個人の資産に対する考え方にも多様性をもたらします。我々は、今までにない資産の託し方(持つ、贈る、遺す)を提案し、税・法・規制を踏まえ多様なお客様のニーズに応えたいと考えています。

専任サポーター紹介

野村信託銀行(株)
総合企画部

樋口 智昭

経営の基本方針である中期経営計画を企画立案し、当該計画の実現に向けた経営及び各部室のサポートを行っています。
また、取締役会運営等のコーポレート業務、決算関連業務、
社内外の広報業務等も行っています。

野村グループのアセット

幅広い顧客基盤と強固な営業網

 

約540万口座

預かり口座数

約100兆円

預かり資産残高

159店舗

本支店・営業所

約7,000名

セールス数

約2,000社

上場企業の顧客基盤

約20兆円

信託財産

野村総合研究所

テーマ4消費者と企業の強い結びつきの創出

 

日本における家計金融資産は約1,700兆円に及ぶが半分以上が預貯金です。この豊富な個人資産、年金資産等が国や企業の成長に向かうような好循環を生み出すための仕組みを実現する必要があります。国民のライフサイクルに応じた資産形成と世の中を豊かにする企業の競争力の強化のために消費者と企業の新しく、かつ強い結びつきをITで実現する提案を行っていただきたいと考えています。

専任サポーター紹介

(株)野村総合研究所
証券ソリューション事業七部

軽部 孝典

金融機関のリテール向け「資産管理サービス」を実現する為のITソリューション及び事業立上げを支援するコンサルティングサービスを提供しています。業界のフィデューシャリー・デューティー推進を支援しています。

野村総合研究所のアセット

資本市場の金融プラットフォーム(証券取引システム等)を保有

 

社員約1万人

多様な人材による大規模システムの開発・運用体制

200社超

金融機関を中心とした顧客基盤

5つのデータセンター

共同利用型システム(STAR、I-STAR等)を支える堅牢な大規模システム基盤

野村不動産グループ

テーマ5ライフスタイルの多様化に対応する暮らしの環境づくり

 

すまい・オフィス等の暮らしの場に求められる姿が、今、大きく変革しつつあります。新しい働き方・家族のかたち・健康のあり方等、様々な切り口から不動産を取りまく環境づくりに対して提案を行っていただきたいと考えています。

専任サポーター紹介

野村不動産ホールディングス(株)
経営企画部

田中 正和

野村不動産ホールディングスを構成する全5部門の事業機会の拡大、新領域への事業展開を目的とし、社会環境の変化、顧客ニーズの多様化への対応に向けたM&A、業務/資本提携を含めた広義の戦略投資を担当。

野村不動産グループのアセット

住宅を核とした多様な開発メニューと顧客基盤

 

約16万戸

マンション「PROUD」をはじめとするマンション管理戸数

約100万m2

オフィス・商業等の賃貸床面積

約200万人超

業界トップクラスの不動産情報サイト「nomu.com」の月間利用者数

約14万人

大型スポーツクラブ「メガロス」会員数

スケジュールSCHEDULE

2016/12/16

募集開始

2017/01/24

第1回 説明会 18:00~20:00(17:30開場)@dots.

 

 ・プログラムの説明
 ・質疑応答
 ・交流会
第1回説明会に申し込む
※外部サイトに移動します。

2017/02/16

第2回 説明会 18:00~20:00(17:30開場)@dots. 

 

 ・プログラムの説明
 ・質疑応答
 ・交流会
第2回説明会に申し込む
※外部サイトに移動します。

2017/02/28

募集締切

2017/03/08

1次選考(書類)の結果をメールにて通知

2017/03/24

2次選考(面談)の結果をWebサイトにて公表

2017/04/04

プログラム開始(15週間)

2017/07/14

DEMO DAY
DEMO DAYには、野村グループCEO、野村信託銀行社長、野村総合研究所社長、野村不動産ホールディングス社長を含む各社役員が出席予定です。

エントリーENTRY

応募方法

社会課題を解決する5つのテーマの中から、関心の高いテーマ、強みが発揮できるテーマを選択いただき(複数選択可)、応募シートよりエントリーください。審査の上、プログラム参加企業を決定させていただきます。


応募条件

上記5つのいずれかのテーマに共感いただける未上場のベンチャー企業

提出方法

件名を「【応募】VOYAGER(貴社名)」として
応募シートを添付の上
「宛先:voyager@nomura.com」までご送付ください。

応募締切

2017/2/28

メンターMENTORS

村田 裕之

村田アソシエイツ㈱
代表取締役

1987年東北大学大学院工学研究科修了。民間企業勤務後、日本総合研究所等を経て2002年村田アソシエイツ代表に就任。スマートシニアのコンセプトを提唱、アクティブシニア市場の到来を予言したシニアビジネス分野のパイオニア。多くの民間企業の新事業開発に参画し、常に時代の一歩先の事業に取り組む。高齢社会研究の第一人者として講演・執筆も多数。著書に「成功するシニアビジネスの教科書」など。

西岡 郁夫

㈱イノベーション研究所
代表取締役社長

1969年大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻修士課程修了後シャープ㈱入社。92年インテル㈱(日本法人)副社長、93年社長、USインテル営業担当副社長、97年会長を歴任。99年にモバイル・インターネットキャピタル㈱設立、社長就任。2000年「ベンチャーを支援するベテランの会」を設立。02年ビジネスのプロフェッショナルを育てるため丸の内「西岡塾」を設立。

吉村 慎吾

㈱ワークハピネス
代表取締役社長

プライスウォーターハウスクーパースにて公認会計士として活躍し、世界最年少マネージャー記録を更新。現JASDAQ上場審査部で世界初の日米同時株式公開を手がける。2000年、企業変革支援アウトソーサーである株式会社エスプールを創業、2006年JASDAQ上場。同年、イノベーション創出支援コンサルティングファームである株式会社ワークハピネスを創業。

都木 聡

㈱セレス
代表取締役社長

1994年に上智大学経済学部を卒業後、野村證券株式会社に入社。リテール営業を経験した後、事業法人部において上場企業を担当。2000年、株式会社サイバーエージェントに入社し、社長室長/経営企画室就任。2003年に独立後、2005年に株式会社セレスを設立し代表取締役社長就任。2014年東証マザーズ上場、2016年に東証一部上場。

白石 徳生

㈱ベネフィット・ワン
代表取締役社長

1989年に拓殖大学政経学部を卒業後、1996年パソナの社内ベンチャー第1号として、株式会社ビジネス・コープ(現 株式会社ベネフィット・ワン)を設立、取締役に就任。2000年ビジネス・コープ代表取締役社長に就任。2001年ベネフィット・ワンへ社名変更。2004年JASDAQ上場、2006年に東証二部上場。

アドバイザーADVISORS

蛯原 健
リブライト パートナーズ(株)
代表取締役

大西 晋嗣
関西ティー・エル・オー(株)
代表取締役社長

川田 寛
ピクシブ(株)
執行役員
最高文化責任者

佐々木 敦守
日本アイ・ビー・エム(株)
クラウド事業本部
アドバイザリー・アーキテクト

田所 雅之
Fenox VC
Venture Patner

鳥居 佑輝
ユニバーサルバンク(株)
代表取締役社長

増渕 大輔
日本マイクロソフト(株)
デベロッパーエバンジェリズム統括本部 
技術エバンジェリスト兼スタートアップ支援担当

松尾 豊
東京大学大学院工学系研究科
特任准教授

山岸 広太郎
(株)慶應イノベーション・イニシアティブ
代表取締役社長

水野 晋一
野村證券(株)
執行役員(投資サービス、マーケティング担当、アジア戦略副担当兼金融イノベーション推進支援副担当)

茅野 茂昭
野村證券(株)
経営役(オペレーション担当)

西野 範彦
野村信託銀行(株)
執行役(業務開発・資金為替担当)

横手 実
(株)野村総合研究所
執行役員(証券ソリューション事業本部副本部長)

芳賀 真
野村不動産ホールディングス(株)
執行役員(経営企画部、コーポレートコミュニケーション部担当)

関 雄太
(株)野村資本市場研究所
研究部長

松下 剛士
野村證券(株)公開引受部
企業開発課長

寺東 宏城
野村HD(株)
金融イノベーション推進支援室
弁護士

大平 貴久
トーマツベンチャーサポート(株)
FinTechリーダー

栗生澤 亜希
(株)野村総合研究所
業務革新コンサルティング部
主任コンサルタント

徳重 剛
(株)野村総合研究所
コンサルティング事業開発部
プリンシパル

寺田 知太
(株)野村総合研究所
デジタルビジネス開発部 グループマネージャー

パートナーPARTNERS

スポンサーSPONSORS

主催SPONSORSHIP

野村ホールディングス株式会社

よくあるご質問FAQ

参加するベンチャー企業に制約はありますか?

日本の社会課題解決を実現し、世界に先駆けたサービス・プロダクトの開発を目指す未上場のベンチャー企業であれば、原則として特別な制約は設けていません。

どのような事業領域を対象としていますか?

5つのテーマのいずれかに沿うものであれば、特定の分野や事業領域に限定せず、幅広い事業アイデアを対象とします。

プログラム期間中はどのようなサポートが受けられますか?

社外の各種専門家および野村グループ、野村総合研究所、野村不動産グループの専任サポーター等の関係者から、新事業開発における技術、営業、ネットワークなどの支援を受けることができます。

専任サポーターとはどのような役割ですか?

テーマを掲げている各社より選出された、プログラム期間中に専任でベンチャー企業を支援する人材です。プログラムにご参加いただくベンチャー企業とともに新事業開発に取り組み、必要なリソースの確保とビジネス知識の補完に努めます。

プログラムに採用された場合は出資を受けられますか?

必要に応じプログラム参加企業への出資を検討いたします。
※出資を受け入れる義務はありませんし、出資を確約するものでもありません。

お問い合わせCONTACT

野村ホールディングス株式会社 金融イノベーション推進支援室

いま、すべきことは何か?
「課題先進国」日本が直面するのは、人類がまだ経験したことのない世界。
世界に先駆けて、社会課題の解決を「本気」で目指す、野村のアクセラレータープログラム。

未知なる世界へ、ともに船出しよう